開催コース

スティングレイ・ジャパンで開催しているコース

スポーツ・ダイビング

オープンウォータースキューバダイバーコース
アドヴァンスドオープンウォーターダイバー
レスキューダイバー
マスターダイバー
ソロダイバーコース
サイドマウントダイバースペシャルティ

レックダイバースペシャルティ
アイスダイバースペシャルティ
他スペシャルティーダイバーコース15種類のSPコース
ファーストレスポンストレーニング

 

 

スポーツ・ダイビング・プロフェッショナル

SDI ダイブマスターコース
SDI アシスタントインストラクターコース
SDI オープンウォータースキューバダイバーインストラクターコース
SDI サイドマウントインストラクターコース
SDI レックインストラクターコース
SDI アドバンスドボイヤンシーインストラクターコース
SDI 器材スペシャリストインストラクターコース
SDI ドリフトダイビングインストラクターコース
SDI ダイバープロパルジョンビークルインストラクターコース
SDI サーチ&リカバリーインストラクターコース
SDI マリンエコシステムインストラクターコース
SDI アイスダイビングインストラクターコース
SDI アルティチュードインストラクターコース
SDI ディープダイビングインストラクターコース
SDI アンダーウォーターナビゲーションダイビングインストラクターコース
SDI コンピューターナイトロックスインストラクターコース
SDI ナイト/視界不良ダイビングインストラクターコース
SDI アンダーウォータービデオインストラクターコース
SDI アンダーウォーターフォトグラファーインストラクターコース
SDI ボートダイビングインストラクターコース
SDI ドライスーツダイビングインストラクターコース

テクニカル・ダイビング

ナイトロックス・ダイバーコース
イントロ・テックダイバーコース
アドバンスド・ナイトロックス・ダイバーコース
デコプレッション・プロシージャーズ・ダイバーコース
エクステンディッド・レンジ・ダイバーコース
トライミックス・ダイバーコース
アドバンスド・トライミックス・ダイバーコース
アドバンスド・レック・ダイバーコース
カバーン・ダイバーコース

イントロ・ケーブ・ダイバーコース
フルケーブ・ダイバーコース
ケーブ・サイドマウント・ダイバーコース
ナイトロックス・ガスブレンダーコース
アドバンスド・ガスブレンダーコース

テクニカル・ダイビング・プロフェッショナル

ナイトロックス・インストラクターコース
イントロ・テック・インストラクターコース
アドバンスド・ナイトロックス・インストラクターコース
デコプレッション・プロシージャーズ・インストラクターコース
エクステンディッド・レンジ・インストラクターコース

スティングレイ・ジャパンではSDI TDIのコースを中心にPADIのコースも含め、他店では開催出来ない目的や夢に合わせた50種以上のコースを開催しております。各スペシャルティコースでは、リビュープログラム(復習やアップデート)も開催!

レクリエーショナル・スクーバ・ダイビング

スクーバダイバーコース
オープンウォーターダイバーコース
アドベンチャーダイバー
アドヴァンスドオープンウォーターダイバー
レスキューダイバー
マスタースクーバダイバー
サイドマウントダイバースペシャルティ
カヴァーンダイバースペシャルティ
レックダイバースペシャルティ
レクリエーションダブルシリンダースペシャルティ
アイスダイバースペシャルティ
セルフリライアントダイバースペシャルティ
シースラッグスペシャルティ
シースラッグマスタースペシャルティ
エビ&カニダイバースペシャルティ
他スペシャルティーダイバーコース40種以上
エマージェンシーファーストレスポンス

レクリエーショナル・スクーバ・ダイビング・プロフェッショナル

ダイブマスター

アシスタントインストラクター(提携コースディレクターが開催致します)
インストラクター各コース(提携コースディレクターが開催致します)

 

テクニカル・スクーバ・ダイビング

ディスカバー・テック
テック・ベーシックス
テックサイドマウント
Tec 40
Tec 45
Tec 50
Tec Trimix 65
Tec Trimix Diver
Tec Gas Blender

スティングレイ・ジャパンでは世界レベルに合わせたPADIコースを開催しています!

 

 

スティングレイ・ジャパンでの各コースは本数を潜って終わりではありません。指導団体の規準で最低トレーニングダイブ数は決まっていますが、それは必要な知識やスキルを達成していることが前提です。各コース本数を潜ればスペシャルティコースの認定になる訳ではなく、各トレーニングダイブの内容が達成されて認定になります。最短の本数で認定される方もいれば、数本追加トレーニングが必要な方もいらっしゃるでしょう。スペシャルティコースに限らずコースの認定規準は達成して認定されるので、価値のあるCカードを取得してください。

PAGE TOP