レックダイビング

スティングレイ・ジャパンでのレックコースではペネトレーション(内部侵入)を行います。
他店でのPADIレックSPコースは必ずしもペネトレーションを行っている訳ではありません。

受講をお考えの方は最後までお読みください。

日本にも沈没船は沈んでいます。多くは意図的に沈められダイビングポイントとなったものです。
中には戦時中の沈没船USSエモンズや戦艦陸奥などもあります。
伊豆半島では熱海、菖蒲沢、土肥など関西方面には南部、白浜、沖縄方面などにも宮古島や沖縄本島、瀬戸内海などダイバーに人気の場所で潜られています。
しかし頭上閉鎖環境であるレックペネトレーションには、しっかりとした知識とスキルを身に付けてから潜るべきなのでは?
スティングレイ・ジャパンでのPADIレックSPコースではペネトレーションを行い頭上閉鎖環境でのトラブル対処方などを陸上と水中で練習するので、レックペネトレーションのポイントをストレスなく楽しむことができるでしょう!
また侵入しなくても鋭利な場所や絡みやすい場所、崩れやすい場所など多く存在するので、しっかりとした知識とスキルを身に付けてから潜るようにして下さい!
更に上級者向けのテクニカルレックコースも行っております。

日本ではペネトレーションの機会が少ない
レックとは「難破船」を指すことが多く、レック・ダイビングは一般的に、海底に沈んだ船の周囲を潜ることを指します。ペネトレーションとは内部の頭上閉鎖環境に侵入するスタイルなのでしっかりした緊急時のスキルや知識が重要です。


スキルアップや冒険気分を味わいたい方などにお勧めのSPです。
日本にはペネトレーションを楽しめる沈没船は少ないので、スティングレイ・ジャパンでは、多くのダイバーが訪れるパラオでのレックペネトレーションを行っております!国内では「戦艦陸奥、USSエモンズ」などにも行っております!
日本では沖縄方面、瀬戸内海などに沈没船に入れるポイントが見られ、冒険的な要素や幻想的な景色など、普段のダイビングでは味わえない楽しみがあります。
伊豆では東伊豆の熱海が代表的なポイントですが、沈没船に入るダイビングは、例え距離が短くても通常の環境にはない危険が多く存在します。具体的には頭上が塞がれていてすぐに浮上できないライトのトラブルや水底の砂などが巻き上がり視界がなくなる可能性がある狭い船の中では行動が制限されるなどがあります。
一般的に侵入出来る沈船ポイントはあまりないのですが、スキルや知識は重要です。日本では侵入する機会が少ないためかレックペネトレーションに必要な基本的なスキルや知識が無く、潜っているのが現状です。
もし沈船内部の環境を安全に楽しむなら、しっかりと潜水計画を立て、ガイドラインとしてリールを使用したり、中性浮力をキープすることはもちろん、砂を巻き上げないためのフィンキック、視界がなくなった時やエア切れ時の対処方法、器材についてなどを学ぶ必要があります。
沈没船などに興味があまりない方でも、このコースをしっかり習得すれば浮力調整などのスキルが格段にアップします。
生物なども楽しめますので、冒険的要素を求めない方も満足できるコースです。
また内部には侵入せずにレックダイビングを安全に楽しむ為の、レックⅠスペシャルティ、サイドマウントでのペネトレーションを行うテクニカルコースも開催しております。

参加前条件

PADIアドベンチャー・ダイバー以上(他団体同等資格も可)
15歳以上

コース内容

レクチャー3~4時間程度
海洋4ダイブ(最低本数なので達成出来なければ追加ダイブが必要です)
陸上でのリールワーク練習、オープンウォーター環境でリールワーク、フィンワーク、トリムなどの練習、ガスマネージメント、頭上閉鎖環境でのリールワーク、ライト故障時を想定した移動などを行います。

最短必要日数としてはレクチャーと実践応用 1日 海洋 2日の3日間
※最短必要日数とは経験本数やランクにかかわらず、水平姿勢で動かず浮力を維持できるスキルがある方が参加された場合の目安です。


 

 

Copyright © スティングレイ・ジャパンAll Rights Reserved.