カヴァーンダイバー

カヴァーン(カバーン)ダイバースペシャルティー

日本では極少数のインストラクターにしか開催できないスペシャルティーコース!
受講をお考えの方は最後までお読みください。

日本にはカヴァーンと呼ばれるポイントは数多くあります。伊豆半島では雲見、田子、土肥、菖蒲沢など、沖縄方面などにも宮古島や久米島などダイバーに人気の場所で潜られています。
しかし頭上閉鎖環境であるカヴァーン(カバーン)には、しっかりとした知識とスキルを身に付けてから潜るべきなのでは?
PADIカヴァーン(カバーン)SPでは頭上閉鎖環境でのトラブル対処方などを陸上と水中で練習するので、カヴァーンのポイントをストレスなく楽しむことができるでしょう!

カヴァーンダイビングとは?

カヴァーン(Cavern)とは洞窟のこと。日本では洞窟=ケーブという言い方のほうが一般的ですが、英語圏では特に大きな洞窟のことはカヴァーン(カバーン)と呼ぶ場合が多いようです。
頭上閉鎖環境にPADIカヴァーンSPコースでは、深さと奥行きの合計が40メートル以内で光の届く範囲の穴(洞穴)を楽しく安全に潜るためのスキルを学んでいきます。深さ奥行きが40メートル以上の穴はケーブ(洞窟)として区別し、さらなるトレーニングが必要になります。
PADIカヴァーンSPコースはPADIの標準SPコースですが、日本ではカヴァーンコースを開催できるインストラクターが極端に少なく、受講する機会があまりないコースです。
スキルアップや冒険気分を味わいたい方などにお勧めのSPです。

頭上閉鎖のコースステップアップ例

カヴァーン→イントロケーブ→フルケーブ→ケーブサイドマウント
レック→アドバンスドレック→テクニカルレック
オーバーヘッドサイドマウント
◆PADIの標準コースにはケーブコース、アドバンスドレック、テクニカルレック、オーバーヘッドサイドマウントはありません。

コース参加前に!

コースでは実際に頭上の塞がれた環境でスキルを練習をしていきます。
エア切れのシミュレーションで慌てることのないようにご心配な方は限定水域などで練習してからご参加ください。
リールワークをする際、中性浮力をとりながら行ないますので、フィンキックをしてない静止状態でも着底せずに浮力をキープできるようになっていると講習もスムーズに進んでいきます。
もちろん講習中も何度も練習していきますが、心配な方はピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー(中性浮力)SPコースに参加するなどして水底ギリギリで中性浮力の練習などをしておいてください。


参加前条件

PADIアドバンスドオープンウオーターダイバー以上(他団体同等資格も可)
18歳以上

コース内容

レクチャー3~4時間程度
海洋4ダイブ(最低本数なので達成出来なければ追加ダイブが必要です)
陸上でのリールワーク練習、オープンウォーター環境でリールワーク、フィンワーク、トリムなどの練習、ガスマネージメント、頭上閉鎖環境でのリールワーク、ライト故障時を想定した移動などを行います。

最短必要日数としてはレクチャーと実践応用 半日 限定水域 1日 海洋 2日の4日間
※最短必要日数とは経験本数やランクにかかわらず、水平姿勢で動かず浮力を維持できるスキルがある方が参加された場合の目安です。

PADIのカヴァーンダイバーコース以外にTDIのカヴァーンダイバーコースも開催可能です。

Copyright © スティングレイ・ジャパンAll Rights Reserved.