テクニカルダイビングを体験!

PADIディスカバー・テック<体験テック>

新たな世界!テックダイビングを体験してみましょう!実践経験豊富なインストラクターが紹介します

テクニカルダイビングとは

テクニカルダイビングは誰でも気軽に始めるスタイルではありません。潜在的なリスクがますので、それに対応できるように知識やスキルを磨く必要があります。そのための時間、費用も掛かるので明確な目的を持つことをお勧めします。「40m以深でじっくり撮影したい」「100mの世界へ行ってみたい」「戦艦陸奥やエモンズなどをじっくり潜りたい」「ケーブを潜りたい」など、どの様な目的でも、途中で目的が変わっても良いので、目的を持って練習が必要です。


コースに参加するための条件とは

  • PADIオープンウォーター・ダイバー又は他の指導団体から資格ある認定を受けていること
  • 最小限10回のログブックに記録されたダイビング経験があること。
  • 最低年齢:18歳

講習内容
1. エントリー – 十分に立てる深さの水に入る。スタッフの監督下で、参加者は自分のウェイトをチェックする。スタッフは参加者の器材を調整しフィットさる。
2. 影響のない水底へ潜降する。(制限されたオープンウォーター)・スタッフは、各参加者の装備に対して、バブル・チェックを含む視認確認を行う。
3. 水中での装備調整を行う。参加者に自分の装備に慣れるための時間を与える。必要に応じて多少の調整を手伝う。
4. (オプションで)スキルのデモンストレーションと練習を行う。ブリーフィングしたスキルを行なってみる。特定のスキルを行ないたくない参加者は、それを飛ばしてあげるべきである。・ディスカバー・テックをテック40のクレジットにする場合、参加者はテック40トレーニング・ダイブ1で必要なスキルを完了しなければならない。・しかしながら、これらのスキルは体験のみに興味のある参加者には必要ではない。
5. 自由時間を与える。参加者はチームの中にいる間テクニカル装備をマスターする。参加者はインストラクターがデモンストレーションしたスキルを、チーム内で1度に1つ繰り返し行なうことができる。
6. 浮上 – ブリーフィング通りに。
7. エキジット – ブリーフィング通りに。

コース料金

ディスカバーテックコース(体験テック)   ¥34,560(税込)

含まれているもの
海洋実習費(1ダイブ分)、テクニカル用BCレンタル料、レギュレーター2セットレンタル料、ステージシリンダーキットレンタル料、ステージ用レギュレーター、ウエイトレンタル
含まれていないもの
上記以外のレンタル料、ダブルシリンダー、ステージシリンダー、昼食

テクニカルダイビングについては!

Copyright © スティングレイ・ジャパンAll Rights Reserved.